2010年04月30日

スクエニ 海外ゲーム専門レーベル

スクエニ 海外ゲーム専門レーベル
 
 
 
 スクウェア・エニックスは、海外ゲームタイトル専門レーベル「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」を新たに立ち上げるそうです。
 
 
 「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」は、日本国内における海外タイトル販売の強化を目的として立ち上げられたもの、同社のグループであるアイドスブランドなどの海外タイトルがラインナップされるそうです。
 
 そして、PS3・Xbox360用「ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ」と、Xbox360・Windows用「スプリームコマンダー2」を発売すると発表されています。
 
 
 PS3・Xbox360用「ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ」は、アイドスブランドのサードパーソンシューター。犯罪者やマフィアがはびこる上海の裏社会を舞台に、ケインとリンチの2人がある仕事で再び手を組み、そこで起こった些細な失敗から、またも2人の人生が大きく変わっていく。
 
 ゲーム中のテキストは全て日本語化、音声は日本語と英語の両方が収録。8月26日発売予定で、価格は7,980円。
 
 
 Xbox360・Windows用「スプリームコマンダー2」は、スクウェア・エニックスの北米拠点であるSQUARE ENIX, Inc.と米Gas Powered Gamesとの業務提携により開発されたRTS。
 
 未来の宇宙を舞台にしたSF作品、前作「スプリームコマンダー」で描かれた宇宙戦争の25年後が舞台となっています。ストーリーを楽しみながらシステムを学べるチュートリアルを搭載。Xbox360版ではコントローラー操作にも最適化されるほか、オンラインマルチプレイにも対応(Xbox360版は最大4人、Windows版は最大8人)。
 
 
 本シリーズが日本語化されるのは今回が初。7月29日発売予定で、価格は7,980円。
 
 
 
≪関連記事≫
 
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」 ちょっと紹介
「ロックマン10 」の追加コンテンツ第2弾
「Halo: Reach」豪華仕様のエディション
posted by どんすけ at 00:10| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」 ちょっと紹介

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」 ちょっと紹介
 
 
 2010年夏に配信開始予定の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」最新情報です。
 
 
 PS3・Xbox360・Wii用アクション「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」の配信が2010年夏より開始されます。
 
 
 世界累計出荷本数が6,000万本を超える人気シリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズの最新作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI」がPS3・Xbox360・Wiiの3機種に登場します。
 
 16年ぶりのクラシックシリーズ最新作となる本作は、ダウンロード専用タイトルとして2010年夏に配信を予定。
 
 
 今回は、ゲームの基本ルールを紹介しますね。
 
 
 プレーヤーは音速のハリネズミ「ソニック」を操作して、様々なエネミー(敵)が出現するステージのゴールを目指します。
 
 ステージ上にあるリングを取ることでスコアが加算、エネミーにぶつかってもミスになることはありません。
 
 ただし、エネミーにぶつかってしまうと、ソニックは持っているリングをばら撒いて落としてしまいます。持っているリングを全て失った状態でエネミーにぶつかってしまうとミスになってしまいます。
 
 そして、チャレンジ数がゼロの状態でミスをするとゲームオーバー。リングは100個集めるとチャレンジ数が1つ増えます。
 
 
 
≪関連記事≫
 
「ロックマン10 」の追加コンテンツ第2弾
「Halo: Reach」豪華仕様のエディション
「Xbox 360 エリート バリューパック」出ます
posted by どんすけ at 00:08| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。